モノの配置

収納配置
1.手順にそったモノの配置、 キッチンでは料理の手順とモノの配置が必要になります。
その方法
・シンクまわり・・水を使う作業のモノを配置
・レンジまわり・・加熱、味つけをするモノを配置
・調理台・・・・・切ったり、こねたり、味付けをするモノを配置
・配膳台・・・・・盛りつけに使うモノを配置
これらのモノを配置するには、棚にしまいこむだけではなく、使いやすさのことも考えなければなりません。 とくに頻繁に使うモノは、手の届きやすい場所に配置することが大切です。

キッチン 下 収納
キッチン収納 例
アイデア キッチン収納
収納 家具 キッチン

2.身長にあわせたモノの配置
・キッチンを使う人の身長で、モノをしまう位置が決まる。
・無理なく使いやすい高さは、頭の位置から手を下ろした状態での指先まで。
身長より高い位置にあるモノを出し入れする時は、腕をあげたり背伸びする動作が必要です。それでも届かなければ踏み台を使うことになります。逆に床近くの低い位置では、かがみこむ姿勢をとることに。これを繰り返していると、料理をするたびに疲れてしまいますね。そこで、よく使うモノを無理のない高さに配置したいのですが、そのスペースはずいぶんと限られています。モノが出たままになったり、手前にしまったモノしか使わなくなっていたり。収納で一番大切なのは「適材適所」という考え方。
住まいの面積に対して収納の面積をどれだけ多くとっても、そこにしまうものが何か、どんなしまい方がつかいやすいのか、といった検討がなされていなければ、つかいやすい収納にはなりません。キッチンの場合、種々雑多なものをたくさんしまいたいので、つい混乱してしまいがちですが、ここに基本的なキッチンの3種類の収納「パントリー」「電化製品棚」「食器棚」をあげてみましたので、これにそってひとつひとつを考えてみましょう。

キッチン すきま 収納
隙間 収納 キッチン
キッチン収納 用品
キッチン収納 ラック

キッチン収納には、原則として守りたいことがあります。それは、収納するものによって場所を考えること。簡単に言うと、重い鍋類をつり戸棚にしまうのは、使うほうも大変です。さらに、シンク下は、湿気がたまりやすいので、乾燥したものを置くのは避けたほうがよいとされています。それから、ガスレンジ周りに、カトラリーを置くのは、使い勝手はよいのですが、汚れやすいです。 そして、掃除もしづらくなります。
引き出しもなんでも放り込んでおくと、使いたい時に、使いたいものが出てこないといったこともありますし、食品関係だと、二重買いや三重買いの原因になってしまうこともあります。さらに、袋が開けっ放しだったりすると、食品がこぼれていたりと不衛生になってしまいます。ですから、できることならば、きちんと場所を固定して、探しやすく、見やすく、使いやすくすることが基本になってきます。

キッチン収納 仕方
キッチン収納 法
キッチン収納 シンク
キッチン 小物 収納

diy キッチン収納
キッチン 背面 収納
狭い キッチン収納
インテリア キッチン収納


TrackBack
日経平均とアメリカ/
4年連続1位
喉の痛みについて